高橋尚子さんを支えてくれた3つの言葉

致知11月号の 『特集根を養う』  から

たまたま点けたテレビに高橋尚子さんが出演していた。

シドニーオリンピックの金メダリストである。

彼女は自分を支えてくれた3つの言葉について語っていた。

1、何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。

2、疾風に勁草を知る―強い風が吹いた時に本当の強い草が分かる。

3、まるい月夜も一夜だけ―良い事は長く続かない。常に満足することなく1歩を踏み出す事。

高校時代の陸上部の恩師の先生から教わった言葉だという。事あるごとにこの3つの言葉を

噛み締めることで、高橋さんの人間としての根は養われたのだろう。

更に哲学者森信三師をして「日本の教育界の国宝」と言わしめた東井義雄氏もまた、

子供たちに根を養う事の大事さを説き続けた人である。その言葉が

「根を養えば樹は育つ」

「高く伸びようとするには、まずしっかり根を張らねばならない。基礎となる努力をしないと、

強い風や雪の重みに負けて倒れてしまう」

との素晴しい教育者人生を貫いた言葉である。

私の田舎、秋田の実家の前に禅宗のお寺があり、当時20代で我がままだった私を諭す為に

お寺の和尚さんに云われた言葉も、「父母が大木の根であり幹である。

その子供たちが枝であり葉っぱとなる、根や幹のお陰で枝や葉っぱがぐんぐん伸びるのだ!」

要は、幹である父母に感謝しなさという事で諭そうとしたのでしょうが、そんなありがたい言葉を

聞いた直ぐ後で言った言葉が、

「でもその幹や根が腐っていたら、枝も葉っぱも伸びないでしょう?」

と言い返したことを思いだし、あれから40年たった今、冷汗がでてきました💦

帰ったら、仏壇に線香をあげてお詫びしようと思います。

それにしても、恩師の言葉を宝物として努力精進した高橋尚子選手はオリンピックで金メダルを

獲るほどの大成功を収め国民栄誉賞も頂き、誰からも愛され尊敬されておりますが、

同じようにありがたい教えを聞いたのに辛口を聞いて反抗してたお馬鹿な私は、

やはりそれなりにしょぼい人生を送る事になりました。 (めでたし・めでたし)

本店営業部 佐藤 61歳でした

 

住宅ローンに強い!センチュリー21うらら ローン相談受付中

■勤続年数が1年未満で、フラットも落ちてしまった
■自営業は厳しいと聞いたことがある
■車のローンが残っている・年収が少ないと思う
■多重債務や、ローンがあって返済比率オーバーだった
■ローンが減額になってしまい、差額分が出せない
■家具家電や、引越し代が出せない
■育休中で奥様の合算ができない・・・などなど

年間1000件以上の住宅ローンの審査を行う経験値で、 銀行員より詳しいプロの住宅ローン専門家がお助けします。
一緒にマイホームの夢をかなえましょう☆

家を買うためのお金のコトを相談できる店
住宅ローン・FPのプロフェッショナル「センチュリー21うらら」
http://c21-u.com/loan/sodan/

センチュリー21うららの運営する不動産情報サイト

https://www.c21urara.com/

センチュリー21うららの茨城県・栃木県・福島県の不動産情報サイトです。
豊富な物件情報を毎日更新中!新築戸建てを中心に、中古戸建て・中古マンション・土地の情報も満載!
土地探しから「健康で安全に暮らせる木の家」のご提案も可能です。

「本物の木の家を手の届く価格で!」がコンセプトの工務店 福の家のサイトはこちら↓

http://fukunoya.top/

センチュリー21うらら×福の家 月々1万円からの規格型注文住宅
太陽光発電が支払いを助ける家「エソラ」サイトはこちら↓

http://fukunoya.top/house/


スピーディかつお客様の真のニーズをくみ取った、期待を上回るサービスを提供します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA