注文建築営業
2016年10月入社
武田 俊彦
TOSHIHIKO TAKEDA

お客様の人生と真正面から向き合う

前職では「物件づくり」の仕事をしていました。土地を仕入れ、そこに建物を建て、販売を不動産仲介会社に依頼する。実はうららは、販売をお願いする会社のひとつでした。数年前の話になりますが、当時から私は「うららは販売力のある会社」というイメージを持っていました。不動産会社相手の商売も悪くないけど、一般のお客様にお住まいを提供する仕事もいいかもしれないな。そんなことを考えていたとき、現在の上司である鈴木から「うちに来ないか」と誘いを受けました。難しい現場を次々と売りきり、しかも購入したお客様は皆とても満足している。どんな営業をやっているのか知ってみたい気持ちもありました。きっと学ぶことはたくさんあるだろう。私はうららへの入社を決めました。お客様はそれぞれに、夢や不安を抱えています。不動産の売買は前向きな理由ばかりではなく、たとえば離婚といったシビアな問題が絡むこともある。お客様の人生と真正面から向き合うとき、身の引き締まる思いがします。

同志のような関係

T様というお客様は、再婚を機にお住まいの購入を検討されていました。しかし、住宅ローンの事前審査を行ったところ、「否決」の回答が金融機関から返ってきました。無理のない返済計画なのに、どこに問題があるんだ?ご本人にも心当たりがなかったのですが、よくよく調べてみると、携帯電話料金の延滞履歴が見つかりました。どうやら請求の明細が別れた奥様の家に届いていたために、支払いができていなかったようなのです。個人信用情報に問題があると、住宅ローンの審査は承認されません。私はT様に変わって携帯電話会社に詳細内容を確認し、金融機関に交渉してまわりました。電話をしては断られ、訪問しては断られ、を繰り返し、ようやく解決の糸口が見つかります。1年間待てば承認をおろしてくれそうな金融機関を、やっとの思いで見つけ出しました。T様と私は同志のような関係になっていました。「絶対にお住まいの購入を実現させましょうね」。私たちは、1年後に笑顔で再会することを誓いました。

何を買うのか、誰から買うのか

T様はその後も精力的にお住まい探しを続けられました。不動産ポータルサイトで物件を検索し、ときには希望エリアを自分の足で歩きまわる。しかし、現場待機の営業マンから声をかけられても、アンケートの記入は断り続けられました。「もう買う人は決まっているんです」と。不動産って、「何を買うのか」ももちろん大事ですが、「誰から買うのか」も大事です。最終的にT様は、ご自身で土地を見つけてこられ、それを私から購入されました。こういった不動産売買の形もあるのだと思います。「あのとき武田さんに出会っていなかったら、私はここまで来ることができませんでした」。T様のその言葉は、今も私の心に深く刻まれています。不動産営業の仕事は簡単ではありません。不動産の知識だけではなく、人間力が求められます。だからこそ、あらゆる場面で自分の存在価値を確認することができるのです。私はこの仕事を通し、物件ではなく自分という人間を買ってほしいと思っています。