事前の一策、事後の百策に勝る(アクティブケア)

AIGさんのハワイ表彰に呼ばれた時にとても印象に残った飯島寛子さんの講演の内容を紹介させていただきます。

飯島寛子(いいじまひろこ)さん
大学在学中にプロ・ウィンドサーファー飯島夏樹氏と出会う。2002年に夏樹氏の癌が発覚し、2004年に家族全員でハワイに移住し最期を見守る。現在はスタジオリムのDJや散骨クルーズのコーディネーターとして活躍中。

飯島夏樹(いいじまなつき)さん
(1966-2005)1966年、東京都生まれ。日本人で唯一、8年間ワールドカップに出場し続けた世界的プロウィンドサーファー。マウイ、グアムを拠点に世界大会を転戦、年間約20戦に出場。世界戦で数々の入賞経験を持ち、国内大会での優勝も数多い。また、グアムでマリンスポーツ会社を起業する一方、ウィンドサーフィン専門誌「Hi-Wind」にエッセイを連載、ダイナミックな人柄を素直に記した文章が好評を博すなど、活動の幅を広げる。2002年5月、肝臓ガンと診断される。翌年3月、肝移植を受けるため、すべてを引き払ってグアムから日本に移住するも、セカンドオピニオンを求めた病院で「移植には適さない」と診断され、うつ病とパニック障害を併発。その後、二度の大手術と様々な治療を施したにもかかわらず、肝臓は悪化。2004年6月、余命宣告を受け、「自分は生かされている」と体感し、偶然出逢った執筆に生き甲斐を見出した。その時綴った小説『天国で君に逢えたら』(新潮社)はベストセラーとなる。同年8月、慣れ親しんだハワイに家族で移住。「最期のときまで物書きを続けたい」と、ネット連載「今日も生かされてます」で精力的に執筆を続けていたが、2005年2月28日23時50分、妻に見守られながら、天に召された。享年38。逝去後、発売された『ガンに生かされて』(新潮社)も大きな反響を呼んだ。サニーサイドアップ.所属。

 

講演の内容は、子ども4人がいる35才の大黒柱がガンになったときの妻の心境を赤裸々に語られていました。夏樹さんがガンになったときの心境は、まさかうちの旦那がというのとこれから子供4人をどう育てていこうということになり目の前が真っ暗になったとおっしゃてました。

ガン治療には多額の医療費がかかるが、たまたま夏樹さんのお母さんが結婚前に保険をかけていてくれてて結婚後もそれを継続したので、その保険は後に非常に助かったと言っていたのが印象的でした。

確かに、働き盛りの大黒柱がガンになるだけでも相当なショックなのに、またその治療費等の経済的負担を考えるとガンになった本人も家族も正常な精神状況を保つのが難しいと思います。

そこで必要なのがガン保険ですね。もしもに備え保険を入っておくことが、残された家族に対する愛情だと思います。

私自身、そのあたりの考えが飯島寛子さんの講演を聞くまではとても軽く考えておりガン保険を入ってませんでした。講演を聞いた夜、それではいけないということでネットからガン保険に加入しました。帰国した後も社員にもその必要性を訴えて、家族のいる家は絶対にガン保険に入ってほしいと伝えています。

日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡している状況を考えると、がん保険は必須です。

住宅ローンに強い!センチュリー21うらら ローン相談受付中

■勤続年数が1年未満で、フラットも落ちてしまった
■自営業は厳しいと聞いたことがある
■車のローンが残っている・年収が少ないと思う
■多重債務や、ローンがあって返済比率オーバーだった
■ローンが減額になってしまい、差額分が出せない
■家具家電や、引越し代が出せない
■育休中で奥様の合算ができない・・・などなど

年間1000件以上の住宅ローンの審査を行う経験値で、 銀行員より詳しいプロの住宅ローン専門家がお助けします。
一緒にマイホームの夢をかなえましょう☆

センチュリー21うららの運営する不動産情報サイト

https://www.c21urara.com/

センチュリー21うららの茨城県・栃木県・福島県の不動産情報サイトです。
豊富な物件情報を毎日更新中!新築戸建てを中心に、中古戸建て・中古マンション・土地の情報も満載!
土地探しから「健康で安全に暮らせる木の家」のご提案も可能です。

「本物の木の家を手の届く価格で!」がコンセプトの工務店 福の家のサイトはこちら↓

http://fukunoya.top/


スピーディかつお客様の真のニーズをくみ取った、期待を上回るサービスを提供します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA